catch-img

最もバズりやすいニュースキュレーションサイトはどこか?

記者が執筆し各媒体社が発信した「記事」を集めて、自社メディアで再配信するサービスはキュレーションメディア、あるいはアグリゲーションメディアなどと呼ばれています。

一部特集記事を除き自社で記事を作らない「ヤフーニュース」などが筆頭ですが、これらメディアには記事掲載後、ネット上で口コミが発生するケースも多く、特に即時性の高いTwitterはバズる際の大きなきっかけにもなっています。(参考:ヤフーニュースに取り上げてもらう方法

そこで「ヤフーニュース」「MSNニュース」「ライブドアニュース」「LINEニュース」「Gunosy」「SmartNews」「グーグルニュース」「Antenna」「NewsPicks」の9サイトを対象に、各種キュレーションメディアからどれくらい口コミが発生しているのかを、直近3ヶ月のツイッタ―データから分析してみました。

※ここでは各種メディアの記事からツイートした際に掲載される、特定のハッシュタグやURLを分析対象としています。データはブームリサーチの10%サンプリングデータを活用。

Twitterにおけるキュレーションメディア別口コミ件数

ニュースキュレーションサイトの口コミ件数

2強はヤフーニュースとライブドアニュース

圧倒的に件数が多かったのが月間150億PV以上とも言われている「ヤフーニュース」で、ついで「ライブドアニュース」の口コミ件数が多いことが分かります。

ツイート種別

ツイート種別でみると、公式アカウントを持っているヤフーニュースやライブドアニュースはリツイートが多く、公式アカウントを運用していないGunosyやSmartNewsはサイトのつぶやきボタンから発信されるオーガイニックツイートが多い傾向も分かりました。

オフィシャルアカウントのフォロワー数

ツイッター上の口コミ拡散には記事ページからのシェアだけでなく、オフィシャルアカウントから拡散されるパターンも多くみられます。

月間アクティブユーザー数はヤフーが圧倒的に多い一方、オフィシャルアカウントのフォロワー数でみるとライブドアニュースが逆転する現象が起きています。

月間アクティブユーザー数比較

フォロワー数1位はライブドアニュース

アクティブユーザー数はヤフーが圧倒的に多い一方、公式アカウントのフォロワーの数はライブドアニュースが上回る結果となっています。

公式Twitterのフォロワー数比較

ヤフーニュースだけでなくライブドアニュースもターゲットに

キュレーションメディアへ記事を掲載する方法としては、その提供元の記事を狙うことが前提となります。(参考:ヤフーニュースに取り上げてもらう方法

ニュース提供元は公開されていますので、キュレーションメディアでの掲載を狙うには、下記のようなページに記載されているサイトへの記事化を狙っていく流れになります。

ヤフーニュース提供元

ライブドアニュース提供元

一般的にはヤフーニュース(あるいはヤフートピックス)に載せることを目標とするケースが多いようですが、上記から分かるようにTwitter上ではライブドアニュースの影響力も大きいので、ヤフーニュースと合わせて積極的に狙っていくのが良いでしょう。


関連記事

ヤフーオーサーに記事を書いてもらう方法

2020-09-07

ヤフーニュースの各分野の専門家であるヤフーオーサーについて解説します。

【10万RT超】ポテサラ論争がどのように広まったか分析してみた結果

2020-08-10

日経新聞でも取り上げられたTwitterの「ポテサラ騒動」をメディア露出やSNS分析を通して、拡散ポイントを探ります。

【2020年上半期】ガイアの夜明けの特集内容から見るコロナ禍の報道傾向の変化

2020-07-20

2020年上半期に放映されたガイアの夜明け全25番組の内容から、コロナ禍でどのような傾向が出ているかを探っていきたいと思います。

【難解!?】Twitter APIを使ってツイッターの投稿データを収集する方法

2020-06-21

Twitter Search APIを非エンジニアの方にも、なるべく分かりやすく解説し、全体概要や費用などを解説した上で、具体的なデータ取得方法まで解説していきたいと思います。

Amazonの人工知能を使ってSNS等の口コミを感情分析する方法

2020-06-10

アマゾンの自然言語処理サービス Amazon Comprehendを使って口コミを分析してみます。

テレワーク時代のPR・マーケティングに役立つオンラインツール10選

2020-04-14

これからのテレワーク時代を乗り切るための、広報・PR業務に役立つオンラインマーケティングツール10選をご紹介します。

広報・PRやプレスリリースまわりでお困りのことはございませんか?
多数の企業サポートを行ってきた当社が解決いたします。
お気軽にお問合せください。