catch-img

調査PRのヤフートピックス掲載事例

アンケート調査を利用した調査PR手法は、主にWEB媒体に掲載されることが多いですが、中には新聞やヤフートピックスまで掲載されるケースもあります。 

先日調査結果がヤフトピに掲載された例がありましたので、こちらを紹介いたします。

調査PRを実施したのは、物流ソフトウェア開発のマンハッタン・アソシエイツ 

ヤフー掲載までの流れ

この掲載がどのように掲載されていったのか順を追ってみてみましょう。

①6/1リリース発信

消費者は店舗スタッフからの有益な情報提供を望み、オンラインショッピングでは無料配送を期待している|マンハッタン・アソシエイツ株式会社のプレスリリース

②6/2「ネットショップ担当者フォーラム」に記事掲載

通販・ECの送料支払いに「抵抗感がある」は8割 | ネットショップ担当者フォーラム

③同日ヤフーニュースに転載

通販・ECの送料支払いに「抵抗感がある」は8割 (ネットショップ担当者フォーラム) - Yahoo!ニュース

④ヤフートピックにピックアップ


ヤフートピックス

ポイントは2点

①ヤフーニュースの提供元メディアを狙うこと

ヤフートピックはヤフーニュース編集部が人為的にピックアップして取り上げています。
詳しくは以前の記事を参照ください。

●ヤフーニュースに取り上げてもらう方法 - PRのネタ帳

編集部が取り上げる対象メディアとなるのは、ヤフーニュースにニュースを提供している「ヤフーニュース提供元」のみとなります。

つまりこの対象メディアに取り上げてもらえなければ、ヤフトピに取り上げてもらうことは永遠にありません。

今回の「ネットショップ担当者フォーラム」もヤフーニュース提供元の一つ。

ヤフーニュース提供元の一覧はコチラで確認できます

ニュース提供社 - Yahoo!ニュース

リリース配信サービスを利用する際は、こうした「ヤフーニュース提供元メディア」を必ず入れておくようにしたほうが良いでしょう。  

②時流に合わせたネタを扱うこと

物流業界では、ヤマト運輸の配送料の値上げやZOZOタウンの当日配送取りやめなどが話題となっていました。

そうした中、配送料無料が当然と思われている物流業界において、実際の8割ものユーザーが配送料に抵抗があると、問題を数値化し見える化したことで、メーカー/運送/消費者の三者間での意識的な問題が浮き彫りとなり、ニュース性を伝えられたと考えられます。 

調査PRは、時流に合わせてテーマ設定をすることが重要となるでしょう。

なかでも抽象的な議論や、賛否両論的な意見はメディアの関心も高いといえるでしょう。

しかしただメディアに注目されてば良いというわけではありません。

電車内での痴漢問題に絡めた調査PRなどは、ニュース性も高く取り上げられやすい一方、掲載された結果、企業イメージを傷つけてしまうケースもあるので、調査テーマはしっかりと設定してから行ってください。

関連記事:調査PRのコツとヤフートップ掲載の狙い方​​​​​​​ 

関連記事

【難解!?】Twitter APIを使ってツイッターの投稿データを収集する方法

2020-06-21

Twitter Search APIを非エンジニアの方にも、なるべく分かりやすく解説し、全体概要や費用などを解説した上で、具体的なデータ取得方法まで解説していきたいと思います。

Amazonの人工知能を使ってSNS等の口コミを感情分析する方法

2020-06-10

アマゾンの自然言語処理サービス Amazon Comprehendを使って口コミを分析してみます。

テレワーク時代のPR・マーケティングに役立つオンラインツール10選

2020-04-14

これからのテレワーク時代を乗り切るための、広報・PR業務に役立つオンラインマーケティングツール10選をご紹介します。

朝日新聞の要約AIはヤフートピックスの夢を見るか~ディープラーニングを用いた令和時代のプレスリリースの作り方~

2020-02-14

朝日新聞の記事データをもとに開発されたという、ディープラーニングを活用した自動要約生成APIをご紹介します。

【広報担当者向け】複数のWEBニュースを自動キャプチャする方法【働き方改革】

2020-02-01

広報PR担当者の方に向けて、Pythonを使って複数のWEBニュースの掲載記事を自動キャプチャする方法を解析します。

2019年のワールドビジネスサテライトの報道傾向を分析する【WBS テレ東】

2020-01-19

2019年にワールドビジネスサテライトで放映されたニュースの傾向を見える化し、その傾向を探っていきたいと思います。

広報・PRやプレスリリースまわりでお困りのことはございませんか?
多数の企業サポートを行ってきた当社が解決いたします。
お気軽にお問合せください。