catch-img

Spotifyのバイラルトップ50が広報担当者にも結構アツいのではないかと思う件


目次[非表示]

  1. 結構アツいSpotifyバイラルトップ50
  2. なぜ今、泰葉がTOP50に入るのか
  3. TikTokがSpotifyに与える影響
  4. Spotifyはあらゆるサイトをクローリングしている!?
  5. これからの流行はアルゴリズムが作る!?
  6. ブレードランナーやブラックミラーの世界は近い
  7. メタバース時代の広報担当の役目とは

巷ではメタバースがバズワードとなっていますが、今後のデジタル世界において、リコメンドアルゴリズムがどのように動いているかを理解しハックしていくことは、今後の広報担当者にとってみても非常に重要事項となってくると考えられます。

そんな中、あまり話題にされませんがSpotifyのバズの芽を発見するアルゴリズムがどうやらなんか凄そうなので、今回はこちらを解説してみたいと思います。

結構アツいSpotifyバイラルトップ50

Spotifyには様々なプレイリストが公開されていますが、その中で少し異色なのが「バイラルトップ50」というプレイリストです。

再生回数ランキングで計測される「トップ50」はあまり代わり映えしませんが、このバイラルトップ50は結構日々変動している感触です。

このバイラルトップ50の仕組みに関しては下記サイトで一部推測されていますが、アルゴリズムの動きに関してはまだまだ公表されていない部分が多く、その一方でピックアップされる曲がバズの芽(だと思われる小さな芽)を確実に摘んでいることを見て取れることからも大変興味深いものがあります。

  「バイラルチャート」に見る、リスナー主体のヒットの生まれ方 注目度はどう測定されるか。3つの基準と、ランクインする3種類の傾向を探る Kompass(コンパス) ミュージックガイドマガジン by Spotify&CINRA

上記サイトによると、Spotifyがバズを計測する指標は、

  1. Spotifyサービス内で直近の再生回数がどれだけ上昇したか
  2. TwitterやInstagramなどのSNSに楽曲がどれだけシェアされたか
  3. どれだけその曲が新しく発見されたか

の3指標で計測しているということです。

1に関してはTwitterトレンドのベースとなると思われる順位相関のような指標で見ているのかもしれません。

2に関してはTwitterなどの投稿数を単純に見ているだけではなさそうであることが今回分かりました。

3は記事からはよく分かりませんが特徴量を作るとすると、外部SNSからのリンク経由によるアーティストのフォロー率などが取れると面白そうな気がします。

なぜ今、泰葉がTOP50に入るのか

例えば現在バイラルトップ50の4曲目に上がっているこの「フライト 日 '89 (FRIDAY)」を一例にあげてみます。

このフライディ・チャイナタウンをサンプリングしたと思われる曲は、何故トップに上がっているのか分からない曲の筆頭です。
(追記:その後SpotifyからBANされてしまいましたのでYou Tubeを載せておきます)

こうした何故上がってきたのが良くわからない曲の原因を調べるのが、アルゴリズムハックにとってのファーストステップとなるかと思います。

この曲はグーグル検索しても詳細は全く出てこなく、海外のサンプリングユーザーの音源であることが推測されます。89年も意味不明で、あえて意味無し日本語感を狙っている感もあります。


TikTokがSpotifyに与える影響

日本でのバズリのきっかけはこちらの2021年9月のTikTokだったと推定されます。


Spotifyはあらゆるサイトをクローリングしている!?

音声データを一旦画像にしディープラーニングで畳み込み処理をしていたり、自社サイト以外のWEBサイトからもスクレイピングして自然言語処理でバズの芽を探っているような変態Spotifyさんであると、今現在であればもっと凄いことをしているのかもしれませんが、TikTokのデータを調べている可能性は大きいかと思います。

  Spotifyのレコメンデーションエンジンの機械学習アルゴリズムについて解説します | AI作曲 音楽AI開発 DTM 音楽理論 デジタル時代の新しい音楽学校 未来の音楽を今創ろう 最新TECHで音楽にイノベーションを 音楽TECH学校 CANPLAY AI作曲&音楽AI開発 音楽の人工知能アカデミー


これからの流行はアルゴリズムが作る!?

筒井康隆の小説「残像に口紅を」がTikTok経由でバカ売れしたことは記憶に新しいですが、こうしたアルゴリズムによる急上昇トレンドを元にした消費というのは、今後ますます増えてくることが想定されます。

こうした動きを捉えていくことが、今後の広報活用により重要となってくるでしょう。

  「TikTok売れ」で30年前の実験的SF小説が3万5000部の緊急重版……メガヒットに出版社も熱視線 TikTokで本を紹介する動画が流行し、紹介された本の売り上げが急増する現象が起きています。SF作家・筒井康隆氏による「残像に口紅を」もその一冊。いったい、なにが起きているのでしょうか https://www.businessinsider.jp/post-240199

ブレードランナーやブラックミラーの世界は近い

映画ブレードランナーやブラックミラーで扱われている世界感など、SFモノとしては今見ると既に陳腐化して見えてしまうほど、近年のテクノロジーの進化は半端ないわけです。

ブラックミラーの初期の2割くらいは既にもう既に実現できてしまっているのではないでしょうか。


メタバース時代の広報担当の役目とは

従来は"人脈”や"リレーション"と言われやすかった広報担当の役目も、メタバース時代には180度変わってしまうかもしれません。

  1. まず人の心を理解すること(従来広報)
  2. 次にアルゴリズムの心を理解すること(メタバース広報)

メタバースが進むに連れ、これらはより重要となってくるのではないでしょうか。

以上、Spotifyのアルゴリズムの解説でした。

こちらでフライト 日 '89 (FRIDAY)の作り方の解説動画を見つけましたのでご興味ある方はぜひ。著作権はクリアしているのでしょうか。


▼合わせて読みたい

  Spotify APIで楽曲の分析データを取得する方法 | 広報・PR支援の株式会社ガーオン Spotify APIで楽曲の分析データを取得し、可視化しダッシュボードにまとめてみます。 広報・PR支援の株式会社ガーオン


  【ML-Ask】感情分析AIは実際に使えるのか検証してみる | 広報・PR支援の株式会社ガーオン 朝日新聞の記事にも使われている「ML-Ask」という感情分析モデルを実際に使ってみて検証していきたいと思います。 広報・PR支援の株式会社ガーオン


  ソーシャルデータから読み解くボヘミアンラプソディの口コミ形成とメディア露出効果 | 広報・PR支援の株式会社ガーオン ボヘミアン・ラプソディの大ヒットにはSNSやテレビはどのような影響を与えていたのでしょうか。YouTubeとの相乗効果も合わせて検証します。 広報・PR支援の株式会社ガーオン
  Amazonの人工知能を使ってSNS等の口コミを感情分析する方法 | 広報・PR支援の株式会社ガーオン アマゾンの自然言語処理サービス Amazon Comprehendを使って口コミを分析してみます。 広報・PR支援の株式会社ガーオン
  【記事に繋がる】プレスリリースの書き方・送り方 | 広報・PR支援の株式会社ガーオン プレスリリースの書き方の”コツ”をPRプランナーがわかりやすく解説します。プレスリリースとはの解説から、7つのポイントや、6W5Hの使い方の他、広報PRにオススメの具体的なツールの紹介や、ヤフーニュースに掲載してもらうポイントを解説します。 広報・PR支援の株式会社ガーオン



関連記事

2021年7-9月期 雑誌印刷部数を可視化する

2021-11-16

2021年7-9月期の雑誌印刷部数を見える化し最新の雑誌メディアの動向を探ります。

Spotifyのバイラルトップ50が広報担当者にも結構アツいのではないかと思う件

2021-11-12

Spotifyのバズの芽を発見するアルゴリズムがどうやら凄そうなので、今回はこちらを解説してみたいと思います。

10代新聞購読率ほぼゼロという文春記事は本当に正しいか

2021-10-28

文集オンラインの山本一郎氏の10代新聞購読ゼロ主張は本当に正しいのでしょうか。この主張を元データから検証してみます。

総務省の調査データからニュースメディアへの接触実態を可視化する

2021-10-19

総務省が毎年行っている『情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査』より、2021年8月に発表された最新数値を元に、ニュースメディアへの接触動向を可視化していきたいと思います。

イカゲームのブームをTwitterデータから可視化してみる

2021-10-10

Twitter上のイカゲームに関する口コミ約13万件を抽出し、どのような口コミが派生しているのかを分析してみます。

Googleトレンド分析にPytrendsを使うべきたった一つの理由

2021-10-08

Googleトレンドには非公式APIとして、Pytrendsというものが公開されています。今回はこのPytrendsを使うことで得られるメリットをご紹介します。

広報・PRやプレスリリースまわりでお困りのことはございませんか?
多数の企業サポートを行ってきた当社が解決いたします。
お気軽にお問合せください。