catch-img

10代新聞購読率ほぼゼロという文春記事は本当に正しいか


目次[非表示]

  1. 発表数値から検証してみる
    1. 情報ソースが1年前の発表データ(調査は2年前)
    2. 2019年の休日限定のデータである
  2. 実際の新聞の閲読分数調査結果を比較
  3. 結論

2021年10月26日付けで文春オンラインで下記記事が公開されました。

  「新聞読んでる10代ほぼゼロ」という衝撃の調査を受けて | 文春オンライン 先日、選挙ドットコムという媒体の動画企画で論客の西田亮介さんとご一緒する機会があり、その席で「おい、一郎。情報通信白書読んだか。ついに新聞を読んでる10代がゼロになったぞ」と教えてもらったんですよ。見… 文春オンライン

この山本一郎氏の主張は本当に正しいのでしょうか。当ブログで総務省データをしばらく扱ってきましたので、この主張を元データから検証してみます。

発表数値から検証してみる

情報ソースが1年前の発表データ(調査は2年前)

まず気になるのが、山本一郎氏のデータソースとして使っている(リンクとして貼り付けている)データは、情報通信白書令和2年版(昨年発表/調査は2019年)という点です。

総務省の情報通信白書は実はややこしく、前年に「情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」で取得したデータを翌年にまとめて発表、情報通信白書に利用しており、データに1年もラグがあるのが特徴です(e-statにもまとめられておらず、集計前のローデータは入手不可…)。

今回記事で触れられていた「10代の新聞接触がついに0%」というのは、この恐らく2020年発表(2019年調査)の10代・休日のデータ(0.1分)を見ての判断かと思われます。

2019年の休日限定のデータである

実際の最新数値は2019年の1日0.1分から2020年(2021年現時点での最新データ)では0.9分に上昇しています。


実際の新聞の閲読分数調査結果を比較

実際の総務省発表のデータをまとめたのが下記グラフ(10代は黄色)です。

このグラフを見ると、2020年は逆に若干ですが上昇していることが分かります。

最新調査では10代の新聞閲覧分数及び閲読率は

平日1.4分/閲読率2.5%
休日0.9分/閲読率1.4%

となっています。

ちなみに10代のn数は284名。95%信頼区間は上下1.4%ほどなので、多くても全体の3%未満という低い結果は変わらないかとは思います。

結論

  • 10代新聞閲読率が0に近づいたのは昨年発表(2019年調査)のデータで若干ミスリード
  • 2020年調査(2021年発表・平日)では0.3分から1.4分に逆に増えている
  • 2020年調査(2021年発表・休日)でも例年平均値に近い0.9分に戻っている

メディアの記事もデータまでは検証しないでしょうから、そのまま信じてしまうといつかえらい目に合うかもしれません。

ちなみに総務省のメディア接触データはe-statにも上がっておらず、扱いずらく集計作業もとても手間です。また、信頼区間なども考慮されていないため、たまたま誤差が出たという可能性も大いに考えられ、データを読み取るリテラシーがますます重要になってきていると言えるでしょう。

以上、情報通信白書のベースとなっている「情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」の検証結果でした。

※調査結果のまとめはページ下部にもまとめています。

総務省メディア接触データ


※当社では広報・PR代行や各種データの抽出・データスクレイピングの代行なども行っています。ご依頼の際は、お問い合せフォームよりお気軽にお問い合せください。

▼合わせて読みたい

  特定のツイートにいいねしたユーザーを抽出する方法【v2】 | 広報・PR支援の株式会社ガーオン 特定のツイートにいいねしたユーザーの情報を取得する方法を解説します。 広報・PR支援の株式会社ガーオン


  Instagram APIの使い方と画像付ダッシュボードの作成方法 | 広報・PR支援の株式会社ガーオン InstagramAPIを利用して画像付きダッシュボードを作る方法を解説します。 広報・PR支援の株式会社ガーオン


  【ML-Ask】感情分析AIは実際に使えるのか検証してみる | 広報・PR支援の株式会社ガーオン 朝日新聞の記事にも使われている「ML-Ask」という感情分析モデルを実際に使ってみて検証していきたいと思います。 広報・PR支援の株式会社ガーオン


  朝日新聞の要約AIはヤフートピックスの夢を見るか ~ディープラーニングを用いた令和時代のプレスリリースの作り方~ | 広報・PR支援の株式会社ガーオン 朝日新聞の記事データをもとに開発されたという、ディープラーニングを活用した自動要約生成APIをご紹介します。 広報・PR支援の株式会社ガーオン
  ソーシャルデータから読み解くボヘミアンラプソディの口コミ形成とメディア露出効果 | 広報・PR支援の株式会社ガーオン ボヘミアン・ラプソディの大ヒットにはSNSやテレビはどのような影響を与えていたのでしょうか。YouTubeとの相乗効果も合わせて検証します。 広報・PR支援の株式会社ガーオン
  Amazonの人工知能を使ってSNS等の口コミを感情分析する方法 | 広報・PR支援の株式会社ガーオン アマゾンの自然言語処理サービス Amazon Comprehendを使って口コミを分析してみます。 広報・PR支援の株式会社ガーオン
  【記事に繋がる】プレスリリースの書き方・送り方 | 広報・PR支援の株式会社ガーオン プレスリリースの書き方の”コツ”をPRプランナーがわかりやすく解説します。プレスリリースとはの解説から、7つのポイントや、6W5Hの使い方の他、広報PRにオススメの具体的なツールの紹介や、ヤフーニュースに掲載してもらうポイントを解説します。 広報・PR支援の株式会社ガーオン



関連記事

2021年7-9月期 雑誌印刷部数を可視化する

2021-11-16

2021年7-9月期の雑誌印刷部数を見える化し最新の雑誌メディアの動向を探ります。

Spotifyのバイラルトップ50が広報担当者にも結構アツいのではないかと思う件

2021-11-12

Spotifyのバズの芽を発見するアルゴリズムがどうやら凄そうなので、今回はこちらを解説してみたいと思います。

10代新聞購読率ほぼゼロという文春記事は本当に正しいか

2021-10-28

文集オンラインの山本一郎氏の10代新聞購読ゼロ主張は本当に正しいのでしょうか。この主張を元データから検証してみます。

総務省の調査データからニュースメディアへの接触実態を可視化する

2021-10-19

総務省が毎年行っている『情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査』より、2021年8月に発表された最新数値を元に、ニュースメディアへの接触動向を可視化していきたいと思います。

イカゲームのブームをTwitterデータから可視化してみる

2021-10-10

Twitter上のイカゲームに関する口コミ約13万件を抽出し、どのような口コミが派生しているのかを分析してみます。

Googleトレンド分析にPytrendsを使うべきたった一つの理由

2021-10-08

Googleトレンドには非公式APIとして、Pytrendsというものが公開されています。今回はこのPytrendsを使うことで得られるメリットをご紹介します。

広報・PRやプレスリリースまわりでお困りのことはございませんか?
多数の企業サポートを行ってきた当社が解決いたします。
お気軽にお問合せください。